夢島叶美

夢島叶美(ゆめしま かなみ)
両親がベトナム人🇻🇳✖️🇻🇳
只今帰化申請中

📚読書家
読んだ本をInstagramにて共有
▶️@yume__book

🧘‍♀ヨガインストラクター
▶️RYT200 修了
📣NLPコーチ
全米NLP協会認定
▶️NLPマスタープラ修了
▶️LABマスタープラ修了
🌿環境活動家
Earth Cross Over ディレクター
YouTubeの動画編集担当
▶️「エシカルTUBE」

書評

「言葉を変えると、人生が変わる」

クリスティーナ・ホール 著

2021.06.09

どこに注意を向けるか
そこに仕掛けがある

私たちは自分を惨めにすることも
自分を強くすることもできる

それにかかる労力はどちらも同じです
ここで彼が言っているのは

そのどちらを自分に言い聞かせてても
それは真実ではない

それはどのように私たちが自分に
言い聞かせているのかの「反映」に過ぎない
ということです

(本文より)

————————————————————-
今ある現実は自分が作り上げた物、であれば
これからの現実も自分で作ることができ

今ある現実は自分で作った物でないという選択を
するのなら今後もその選択に振り回されるかもしれない

思考が言葉になると言われているように
言葉を変えれば思考も変容する、もちろん行動も

その言葉の前提や、パワフルさを
改めて感じることができた一冊

言葉という概念がない赤ちゃんは
自分のことを止める言葉や思考もないので

色んなことにトライする、良くも悪くも

そして言葉を持った私たちは
容易に自分に制限がかけられる
やめたほうが良いかな〜と、良くも悪くも

ここでわかる事は私たちは自分を止める言葉さえ
コントロールし上手く扱うことができれば

いつでも赤ちゃんのように
行動する準備が整うわけです

そして自分に制限をかけてるのは
いつだって自分であることを忘れずに
過ごして行きたいですね

書評

「 “それ”は在る 」

ヘルメス・J・シャンプ 著

2021.06.09

いつも見て頂き有難うございます🍃

今回の書評は「”それ”は在る」ヘルメス・J・シャンブ

誰かの何かの行動が気に入らない時
それは〈私〉の中にあるが
認めたくない行動ではないか

時に自らがその行動を
取っていることに気づいているだろうか

世界とはまさに〈私〉を映し出してくれる鏡なのだ
世界がなければ、〈私〉を知ることはできない

世界は〈私〉を教えてくれる鏡であり、師だ

だが表面的に異なる事象に見えるために
なかなか気づけないだけなのである

本文より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の周りにいる怒りっぽいあの人も
楽しそうなこの人も、全部自分の鏡

そこから何を学び
知ることができるのでしょうか?

イライラしている人が苦手だった私は
イライラする自分の感情を否定していました

イライラしても感情を外に出さず
閉じ込める事が当たり前だったのにも関わらず

目の前であの人は素直にイライラを出している、
それはとても不愉快でした

ですがそれと同時にイライラした感情は
出してもいい、というお手本でもあったのです

イライラを悪だと思っている自分に気づき
そんな感情とも寄り添って大切にすると決めてからは

イライラしている人に対し
素直なひとだな〜と不愉快にならず

無駄なエネルギーも使う事なく
受け止められるようになりました

もちろん今後も全く不愉快にならない保証はありませんが
以前と比べだいぶ自分の大切なエネルギーを
守ることができるようになりました

そしてその守り方は常に相手が鏡になって
教えてくれているようです

書評

「成功の実現」

中村天風 著

2021.06.14

原因なきところに結果はないもん
原因があったから、その結果がきてるんだ

体が弱いとか、あるいは体は丈夫だけれども
仕事が思うようにうまくいかないとか

毎日ひにちの人生に豊かな気分を
味わえないとかっていうのは
みんな自分が蒔いた種に花が咲いたんだ

それを気が付かないで、いや世間が悪いの
何となく俺には運命が巡ってこないんだ

なんて考えているところに
たいへんな寸法違いがあるわけなんだ

本文より

——————————————————

中村天風さんの諭吉本が地元の
図書館にあったので早速借りました📚

読んでいる書籍の参考文献だったり
色んな人からおすすめされ、どれどれと読み始めましたが

天風哲学はユーモアたっぷりで
ページをめくる手が止まりません笑

「豆腐の角に頭をぶつけて死んじまえ」
というオブラートに包んでいるんだか
いないんだか、このセリフが気に入っています笑

身の回りの出来事、そして自分自身の状態は
全て自分で蒔いた種から出てきた現実
だということを認めなければ何も変わらない

この原因と結果の法則
NLP的要素満載で読み応えがありました

誰かのせいにした途端
自分で舵を切ることを放棄するため
現実が変わらず余計に辛くなる
もしくは無気力になる

もちろん自分が蒔いた種だったことを
受け入れるには勇気がいりますが

その現実を直視できればこっちのもんです

そしてNLP継続コーチングでは目標地へ
スムーズに進む為にも自分の現在地を棚卸し、
最初は辛いですというお言葉も頂きますが

痛いところと向き合い、クリアにすることで
自分らしく芯から輝けると思うのです✨